ゴーン逮捕に日産株が下がったが思ったほどではなかった

ゴーン逮捕に日産株が下がったが思ったほどではなかったです。



持ち株は200株なので正直100円下がっても2万の損害だから全体としてはダメージはそれほどでもないが実際は54円安なので1万程度の下げで済んだ、明日以降は判らんけど。
アメリ株が大きく下がってたのでそっちの方が心配だったが持ち株は日経ほどは下がらなかったのでまあ良かった。


個人的には今までのゴーンの功績は褒められる物だとは思うけど、ここ最近はどうなのかなあと思っていた、内からのクーデターで退場頂いたというのが真相なのではないか。
個人的にはもう老害のゴーンが居なくなったほうが会社としては良い方向に向きそうな気がする。





「お金持ち体質と貧乏体質、あなたはどっち?」をやってみた

「お金持ち体質と貧乏体質、あなたはどっち?」をやってみました。



自分に当てはまるもの


2.お金を貸した人に、どうしても自分から「返して」の一言が言えない

7.人に甘えるのが苦手だ

8.ゼロか100かで物事を考えがちだ

11.自己評価はあまり高くない

13.何かをやると決めたら最後までやり通すことが、自信につながるはずだ

17.「好きなこと」と「お金を稼ぐこと」は別だと思う


結果は

  • 4~7個:貧乏時々お金持ち?「貧乏体質予備軍」


3個未満の人なんてほぼいない様に思うけどなあ。




資産取り崩し率の考え方

資産取り崩し率の考え方です。



記事では面倒な計算式になっていますが。
個人的に思う資産取り崩し率は100÷余命です。
余命以上に長生きした場合は年金を当てにすれば良い。
40代でセミリタイアする場合は40で考えてみる。
取り崩し率は2.5%である。


これは初年度の取り崩しなので翌年以降はインフレ分取り崩し率を増やす。
年金を仮に考えなくても投資のリターンとインフレがイコールなら40年は資産が枯渇しない。


タネ銭が減るから取り崩しは0%にするべし、不労所得だけで生活できるまでセミリタイアするな、なんて人もいるけど死ぬまで資産減らさなかったら大金残して死ぬだけじゃないのかなあ。


そういう人はもっと支出を増やすか早くリタイアするべきなんだと思う。


逆にインフレよりリターンを高く設定すると資産が少なくてもリタイアできるような錯覚に陥るけどリスキーだなあと思っている。


海外だと4%ルールといわれているみたいだけど日本の場合セミリタイアだとさすがに4%は取り崩しすぎかなあ、海外投資すれば4%でもいけると考える人もいるけど日本に住んでる限り必要なのは円だから円高リスクも考慮すべきだと思う。
もう年金貰い始めている人なら4%ぐらいでも良いと思うけど。