日本郵政の正社員の冷遇に思う事

日本郵政の正社員の冷遇に思う事



ここで、待遇差の解消方法としては、


(1)非正規雇用の処遇を上げるor(2)正社員の処遇を下げる


という二つの方策が考えられます。政権の狙いとしては当然(1)なのですが、今回のニュースでは(2)の方策が採られたということで、ニュースでも「異例だ」と紹介されているのです。


セミリタ界隈では否定的な意見が多いが。
個人的には日本郵政の政策は正しいと思う。
日本郵政ですが正直儲かっていません、平均年収も769万と高いです。
この状態でそもそも非正規の処遇の改善なんてできません。
会社の処遇に不満なら辞めて転職すれば良いのだがたぶんこの程度の冷遇では辞める人は皆無だろう、なので会社としての政策は正しい。
非正規の処遇を揚げる事ができる企業はそもそも儲かっている、人手不足、正社員の処遇を下げると辞められるの2点以上が揃った会社だけだと思う。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。