FPなのに社会保障と税金を考慮しない年金繰り下げを薦める記事

FPなのに社会保障と税金を考慮しない年金繰り下げを薦める記事です。



本来は65歳から老齢年金を受け取り始めますが、「繰り下げ受給」すれば、66歳以降の希望する時点に受給開始を遅らせることができます。1カ月遅らせるごとに金額は0.7%増え、65歳を上限の70歳まで遅らせると0.7%×5年間(60カ月)=42%増額されます。増額された支給額はその後、一生続きます。ただし、現在繰り下げできる年齢は「70歳まで」です。


65歳で貰うか70歳で貰うかで人により社会保障と税金がどの程度負担増になるか判らないから記事に出来ないのだろうけど、少しぐらい書いてもいい気がするけどなあ。
この記事に限らず殆どの年金繰り下げを薦める記事は社会保障の負担増を考慮していない、そんな記事書くとお上から大目玉を食らうのかもしれない。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。