花とおじさんのセミリタイア生活

2017年7月セミリタイア生活始めました。

そんな訳ねえだろうと思ったタクシー崇拝記事

そんな訳ねえだろうと思ったタクシー崇拝記事です。



仮に諸費用含めて250万円で買った車を5年乗るとしたら、1年あたりに換算すると50万円。年間の維持費が30万円とすると、1年間の自家用車関連支出は80万円です。


前提条件がかなりオカシイ、250万でかった新車を5年乗って下取り0円にはならない。
車にもよるが人気車種なら100万程度になる。
これだと前提の50万ではなく30万になる。
10年乗れば下取りはほぼ0円になるが年25万になる。
自分の試算だと車代込みの維持費は軽自動車の新車で年40万程度、小型普通車で年50万程度になる、中古の軽なら年間30万円以下にする事も可能。


年間40万円の維持費なら日に2回タクシー使っていたら確実に自家用車の方がコスト安い。


これをタクシー利用に換算するとどうなるでしょうか。仮に1回1000円でタクシーを利用するとしたら、年間80万円の自家用車関連支出は、800回分のタクシー代に相当します。


この前提条件もかなりオカシイ、たしかの年間800回なら日に2回は載れるので概ね賄えるが1000円で行ける距離2、3kmの範囲にしか行けない。


ただし、高齢になったら積極的にタクシーへのシフトチェンジを考えましょう。過疎地ではそうもいかない場合がありますが、タクシーを便利に使えるエリアでは、経済的な要素に加え、まずは「交通事故のリスクを避けられる」というメリットを重視したいところです。辛い出来事があると自身の体調にも精神にも支障をきたすことがありますから、お得で安心な選択をすることが望まれます。


この部分だけは賛同できる。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。