タイトルが良くないが、なかなか良い記事

タイトルが良くないが、なかなか良い記事です。



セミリタ界隈の住民ならそんな訳ないなあと思うようなタイトルであるが中身はタイトルとかなり違うなかなか良い記事です。


今回のような暴落は「後から振り返ると絶好の投資チャンスだった」というのが、私の有力な経験法則です。それに、目先の株の乱高下にかかわらず、これからの日本では、“お金の教養”なくしては安心して眠れません。豊かで楽しい老後生活も期待できません。また、若い世代の人々にとっても、投資で資産を築くことが明るい未来を描く最良の手段であると、私は確信をもっていうことができます。


今回の暴落が絶好の投資チャンスだったかどうかわ正直判らないが、投資が資産形成の最良の手段であるという意見のは賛同できる。


しかし、この波にうまく乗ってお金持ちになるには「お金の教養」が必須。「お金の教養」の差が、富める者と貧しき者の差を生むのです。


「お金の教養」=金融リテラシーだと思うがその通りだと思う。


そして、その「貧困層に移る人たち」のほとんどは、給料をコツコツ貯めているサラリーマンです。サラリーマン不遇の時代が、やってこようとしています。


コツコツ貯める事がダメなのではなく貯めたお金を投資しない事がダメだんだけどなあ。
タイトルが少しニュアンスが違うなあと思う。


「投資はリスクがあるから怖い」という人がいますが、この時代に「働いてお金を得る」という発想だけで生きることのほうが、よほどリスクであろうと私は思います。格差の拡大に対抗する、攻めの姿勢が不可欠です。


その通りなんだけど、サラリーマンならコツコツ貯める以外にため銭を貯める手段が無いと思う。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。