奨学金破綻のすこし矛盾している記事です。

奨学金破綻のすこし矛盾している記事です。



東京大学高大接続研究開発センターの濱中淳子教授は、「大卒者が増えるほど、国の税収は増える。進学費用の公的負担を真剣に考えるべきだ」と主張する。


奨学金が返せないという事は税収が増えるという考えと矛盾していないか?


しかし今の大学はその頃とは違います。当時の経験から、現在の大学を評価するのは間違っています」


それはある程度学力の高い大学だと思う、奨学金が返せないような人が行く大学はそうでないだろう。


誰もが必要な時に大学に行け、その費用をみんなのお金としての税金で負担することができれば、社会のお金で大学に通うことは「甘え」ではなく、「当たり前」となる。奨学金で進学することの価値を問う前に必要なのは、大学教育が何のためにあり、社会にとっていかなる効用があるのかを再確認することだろう。


だれもが大学に行ける必要は無いと断然できる、学力とやる気があってお金が無い人には負担すべきだが、学力、やる気、お金も無い人達が大学に行く金をだれかが負担してやる必要はない。


奨学金を返せなくなった人達がどんな大学を出たのか公表して欲しいぐらいだ。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。