凡人は参考にしてはいけない記事

凡人は参考にしてはいけない記事だと思います。



ビジネススクールや英会話教室、スポーツクラブなどに行けば、当然ながらお金がかかります。 しかしその出費と引き換えに、他人より優れたスキルや運動能力を手に入れることができる。あるいはその能力を他者よりも強化することができる。


誰もが金を使ったから、他人より優れたスキルや運動能力を手に入れられる訳ではありません。


私の妻はピアニストですが、学生時代、高い月謝を払って著名な先生についたからこそ、競争率の高い音楽大学に進学でき、国際的なピアノコンクールで入賞できたと言っていました。


成功したほんの1握りの人だった訳でありその裏に大金を使っても成功しなかった多くの人たちがいる事を忘れている。


たとえば運転免許を取るにはお金がかかりますが、免許を取れば「自分で運転して好きな所へ自由に行く」ことができ、行動範囲もレジャーの楽しみ方も増える。CDを聞くだけより、ライブに行ったほうが感動するし、レストランで人をもてなすことで人間関係を広げたり深めたりすることができる。


運転免許取るだけならそれほど金はかかりませんが、車を維持するには大金が必要であり
なんか釈然としない説明だなあと思う。


反対に、お金を使わなければ、自分の環境は何も変わることがありません。もちろんお金をかけなくても人生を楽しむ方法はたくさんありますが、やはり限界があります。お金を使わない生活とは、今の自分の生活圏の外側へ踏み出さないということです。


金を使わないと環境が変わらないと言い切っているがそんな事もないと思うなあ。
まあ多少の金を使う必要はある事もあるけど大金が必ず必要な訳ではない。


だから私は、ガンガンお金を稼ぎ、それを自分や自分の大切な人の成長や進化のために使いたい。そして、「死の間際がもっともお金持ちになっていて、多額のお金を残したままこの世を去る」という平均的な日本人の生き方ではなく、使い切って人生の貸借対照表をチャラにして死ぬ、というのが理想です。


午堂氏は稼がないと生きていけないようなので、そのような最後を迎える事は絶対にないと断言できる、死ぬまで働きそうな人なので、大金残して死ぬのは間違いない。






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。