「想定外の出費"耐える家計、ツブれる家計"」だって

「想定外の出費"耐える家計、ツブれる家計"」だって



年齢を重ねてからの想定外の出費には、リフォームや家族の葬儀、知人の不祝儀などがありますが、子どもや孫への援助については、思いのほか負担が大きくなるのに、ちゃんとカウントしていない人が意外に多いですね。


孫どころか子もいない独身にとってはそもそも考えなくても良い出費なので楽だわ。
賃貸ならリフォームも考えなくて良い。
実家ではキッチンのリフォームだけで数百万使うらしい、勿体無いとは思ったけど墓場にお金持って行けないので好きに使えば良いと思い特に口出ししない。


60歳を過ぎた人は、「収入ダウンの崖」に3回直面します。1つ目が「定年退職後」、次が「年金生活スタート時」、その次が「配偶者の死亡時」。収入が減るときに支出の見直しができなければいけません。


40代でセミリタイアした独身に全く関係のないだなあと思ったが「年金生活スタート時」に収入が減る意味が判らない、年金生活がスタートしたら収入が増えるのが普通だと思うけど。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。