「奨学金の出世払い」もうすこし考えろよ

「奨学金の出世払い」もうすこし考えろよと思う。



それでは中間層の奨学金はどうなるのか。ヒントとなるのが、18年度から導入された「新所得連動返還型奨学金」である。同じく無利子を対象に、これまでの定額返還から、卒業後の年収に応じて返済月額が調整されるようになった。いわば「学費の出世払い制度」だ。収入が低ければ返済月額が少なくなるので、一見、負担減になるように見える。しかし払う総額は変わらないため、返済の期間は長くなっていく。



無利子なので返済期間が長くても総支払額が変わらないが大学まで出て年収100万てアホじゃないか?最低時給でもフルタイムで働けば年収150万にはなるぞ。
返済期間108年て生きてないだろう、最低でも200万からにするべきではないか?
200万でも48年掛かるから払い終わるのは70歳前後だがなんだかなあと思う。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。