ふるさと納税、自治体間ではマイナスサムだと思う

ふるさと納税、自治体間ではマイナスサムだと思うけどなあ。



ふるさと納税の効果によって地元が活性化することはいいことです。

しかし、税収が増え潤う自治体があるということは、反対に税収が減少する自治体があるということを忘れてはいけません。


ふるさと納税は地域活性化の経済普及効果はありますが、基本的にはゼロサムです。


TV番組のゲストも同じような事言っている人が居たけど、個人的な考えは自治体間ではゼロサムではなくてマイナスサムだと思う。


ふるさと納税で得する人(団体)
納税した個人
税収増の自治体
自治体に返礼品を納めている業者
配送業者


ふるさと納税で損する人(団体)
税収減の自治体


税収増の自治体の増加分=税収減の自治体の減少分
ならゼロサムなんだけど実際は税収増の自治体の増加分<税収減の自治体の減少分なのでマイナスサムになる。
このマイナスサムの大部分は納税した個人の得となるのでふるさと納税する人が増えるほどこのマイナス部分が大きくなる、これが最近問題の返礼品割合に繋がっている。


正直住民税非課税なセミリタイアラーにとってふるさと納税は価値、興味も無いのでどうでも良い話題ではあるけどね。










×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。