クレジットカードに関するアホ過ぎる記事

クレジットカードに関するアホ過ぎる記事です。



「クレジットカードは危険だ!」というのは、周知の事実です。


初めて聞いたぞ。


クレジットカードを使う人ほどお金を貯められない」ということが実証されています。また、精神科医のデビッド・クルーガー博士の研究(4)によると、クレジットカードを使うことで、支出が23%増えたのだとか。


この理論もなんだかなあと思う、クレカを使うかどうかよりリボ払いの有無だと思うけどなあ。


「クレジットカードをたくさん持っている人、使っている人ほどお金を貯められず、借金が多い」ということです

クレカなんて2、3枚あれば十分だから多く持つのは金が無いからクレカで買おうという思考なんだとは思うけど。


ここまでの話をまとめると、「クレジットカードを使うと貧乏になって、不幸になり、そして早死する!」と言えるでしょう。クレジットカード、恐るべし。


ここまで言い切るのもどうかと思うけどなあ、自分なんて基本カード払いなんだけど。
クレカを使うと貧乏になるは間違いで、金が無い貧乏人はカード払いはしてはいけないが正しいと思う。


こういうアホみたいな思考が現金主義が多い日本人を変えられない原因かもしれない。






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。