「走行距離での課税検討」はあまりにもアホ過ぎる

「走行距離での課税検討」はあまりにもアホ過ぎると思う。



現行の自動車税は排気量で決まっているので基本的には毎年変わりません、エコカー減税や古くなると高くなるような仕組みははあるけどね。


ただ、自動車の保有率は地方が都市部より高く、1台当たりの走行距離も長い。このため与党内には、走行距離に応じた課税は地方にとって不利になると懸念する声もある。


おおむねどの記事でも地方は走行距離が多くなりがちだから不利になるとの意見が多いが、自分が問題にしているのはどのようにして距離を確認して課税するのか?
そのコストは誰が払うのか?の2点です。
車検の度に確認すればよいけどそれだと毎年でなくなるけどそんな考えだろうか?
税金安くするためのメータ不正が増えそうだなあ。
距離に課税するならガソリン税で既に課税しているからね。
まあ電気自動車が普及すればガソリン税の減るからほかで取りたいのかもしれないが日本はそもそも自動車に掛かる税金が高すぎる。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。