「消費増税で イートインは「休憩施設」」はアホな政策

「消費増税で イートインは「休憩施設」」はアホな政策だと思う。



店内のイートインコーナーでの飲食を「外食」扱いとすれば税率は10%となるが、コンビニ業界は同コーナーを「休憩施設」と位置づけ、「飲食禁止」を明示することで、外食としてのサービス提供でないことを明確にする方針だ。


この政策だけどコンビニ側が言い出したのかもしれないが正直アホみたいだ。
もしかしたらあまりイートインの無いセブンが言い出したのかもしれない。
飲食できない只の休憩施設なんてコンビニに設置する意味無いのでこの法律なら全廃になるだろう、スーパーも同様だと思う。


しかし、持ち帰りと店内飲食ができるファストフードなどの外食産業などからは、コンビニの対応に対して批判が強まる可能性がある。あるファストフードの首脳は「同じ昼食でも、外食は10%、コンビニ弁当は8%と、税率差が生じることは不公平だ」と警戒感を示している。


個人的にはセルフの飲食店は店内で飲食しても持ち帰っても8%にすれば良いと思う。
そうすると牛丼屋のようにセルフでないと10%になるから文句でそうだけど、まあ牛丼屋だと持ち帰った客が店内で食ってたら店員にも判るからなあ。
まあ少しでも税収の欲しい政府はそう考えないだろうけどね。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。