エアコンの節約には湿度の管理が大切

エアコンの節約には湿度の管理が大切です。


https://enechange.jp/articles/air-conditioner-cooling-preset-temperature


よく節約系の記事にエアコンの設定温度は28度にしましょうと言うのが良くあります。
上の記事にもそう書いてあります。
正直エアコンの設定温度はエアコンの機種の差、建物の構造や広さ、外気温と湿度の状況で変わるので一概に言えない。


設定温度よりも室温が28度になるように設定するのがまず1つ目です。
その時の湿度も大事で湿度が45%を超えるようならあと1度下げたほうが良い。
28度設定っだと涼しいと感じる時は湿度が45%を超えないように1度上げてみる。
人間同じ室温でも湿度が低いほうが涼しく感じるものです。
室温28度、湿度50%より室温30度、湿度20%の方が過ごしやすい。


あと大事なのは外気温と設定温度の差です。
これが小さいと湿度が上がり易くなります。目安は3~4度以上です。


1度上げると熱い、下げると寒い時あるんだよね、本当はエアコンの設定温度は0.5度刻みの方がいいと思うんだけどアパートに設置のは1度刻みなんだよなあ、まあ安い機種で0.5度刻みにして制御できないのかもしれない。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。