「不労所得で生活するにはいくら必要?」だって

「不労所得で生活するにはいくら必要?」だって



総務省の家計調査年報(3)によると、勤労者世帯における2人以上の世帯の月あたりの平均支出は約30万円なのだとか。平均支出が月々30万円ということは、年あたりの支出は約360万円です。よって、不労所得生活を目指す場合は、「年間360万円(税引後)」の稼ぎがあれば、それで十分だと言えるでしょう。


まあセミリタイア向けの記事じゃないからこんなもんかなとは思うけど社会保障のコストが抜けてるなあ。


必要資金 × 配当利回り(0.015)= 360万円

 必要資金 = 360万円 ÷ 配当利回り(0.015)

      = 2億4000万円


なかなかハードルの高い数字が出ましたね、まあ世間一般の生活をするには最低このくらいは必要という金額としては間違いではないと思う。


こんなには貯まるまで待っていたら多くの凡人リーマンには宝くじ当てる以外は一生無理でしょうね。


そこでハードルを下げるには


1.支出を下げる360万ではなくて180万にすれば半分で良くなる。
2.利回りを上げる、高配当株に絞る、リートも入れる、海外の高配当株も入れる等
利回りを税引き後3%の倍にすれば必要金額は半分で良い、1と合わせれば1/4なので6000万だから凡人リーマンにも現実味が有る。
3.取り崩しと不労所得を合わせる、正直死ぬときに大金残してもしょうがないので取り崩しは考慮しても良い、さらに下がるので5000万以下でも現実味が見えてくる。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。